Haapie

haapielogoHaapie designs and develops cognitive and social robots, as well as virtual characters, which integrate its advanced software components including cognitive systems, natural language speech recognition and dialogue management solutionsHaapie-One and its friends are versatile social robots which are fully customisable, both in terms of colour design and features which can be tailored to specific requirements with the Haapie Studio.
Our software is designed to facilitate human-machine communication with next-generation smart dialogue solutions; these ensure that interaction is fluid and efficient using a natural language speech interface.  Our cognitive and dialogue management technology opens the way to a new generation of creative and self- learning robots and applications.

iC-Haus

iC Haus LogoiC-Haus社は標準的iCやカスタム対応の特定用途向けiC等の半導体ソリューションを製造するドイツのメーカーです。1984年から、工業及び自動車産業や医療等の特定用途向けiCを設計、生産、販売している世界的な企業です。CMOSやバイポラーやBCD 技術のセルライブラリーを完備し、そこでセンサ・アクチュエータiC・レーザー光学iC・磁気式及び光学式遠コーiC・ドライバiC等の設計が行われています。
集積回路の組立は標準的プラスチック・パッケージ や弊社チップ・オン・ボード技術を利用し、完全なマイクロシステムやマルチチップモジュールやセンサ一体型光学BGAを製造しています。

Techtuit

techtuitテクタイト㈱は、エレクトロニクス業界で25年以上の歴史を持ち、 iC-Hausの代理店及び様々な電子部品の販売をいたしております。
また、 フィリピンに自社工場を保有し、振動モーター、マグネテックブザー、レンズユニット、
ゴルフナビゲーション等も生産しております。

IAR Systems

IARSystemsIARシステムズ株式会社は、組み込みシステム開発向けの主要ソフトウェアツールメーカIARシステムズ(本社:スウェーデン)の100%子会社です。日 本をはじめ、スウェーデン、ベルギー、英国、ドイツ、米国、中国など世界各国に約140名の従業員を有し、30以上の正規代理店を展開するIARシステム ズグループは、独自の組み込み用開発ツール群を提供しています。そのツール群には、RTOSミドルウェア、コンパイラ・デバッガ、ステートマシン設計ツー ル、JTAG ICEなどが含まれています。

パスワールドについて


設立:2003年11月
資本金:3,000,000円

所在地

    本社
〒602-8226京都府京都市上京区
大宮通元誓願寺下る石薬師町699-302

開発研究室
〒602-8061京都市上京区油小路中立売下ル
甲斐守町97番地西陣IT路地7号

電話: (075) 468 9769
携帯: (090) 1140 9330

開発研究室アクセス
- 京都駅烏丸中央口よりバス9番(B1乗り場)に乗車
- 堀川中立売にて降車(緑の①)
- 堀川通りを渡り、中立売通りを東へ徒歩100m程度

地図中 ③ = 中央信用金庫、④ =ファミリーマート
② = 帰りのバス停。 車でお越の際は、⑤で駐車可能

MapE

会社概要

ITRoji当社は組込ハードウェア・ソフトウェアの製品開発に携わりながらコンサルティングサービスを提供しています。
無線送受信(Bluetooth, Zigbee等)、アンドロイドやiOS端末等の携帯機器との双方向通信に加えネットワーク上のデータ交換を含む多様な開発ソリューションを駆使し開発や技術サポートを行っています。

事業内容

弊社は信号処理技術や動作制御技術を活かし以下の事業を行っています。

(1)自社製品開発

簡易脳波計:弊社開発の簡易脳波計は2011年に国際宇宙ステーションでの実験に使用された実績があります。現在も『4ch脳波計』を製造販売しています。脳波を長時間内装メモリーに記録・蓄積できるばかりでなく、眼球運動検出もしくは筋電測定にも使用できます。 USB接続によりファームウエアのバージョンアップが可能です。

LeoBoardREOボード:Recreational(娯楽の)Educational(教育的な)Original(独創的な)を意味するボードは、タブレット使用によりモーター制御が可能な弊社製品です。
ソースコード提供によりプログラミングに興味のある方のホビー用または教材として、開発者の試作用に、また知的遊具として幅広い用途に使用可能です。タブレット用プログラム「音声開発スタジオ」提供により音声によるコマンドも可能となっています。
※ボードを利用したデモンストレーションはYoutubeをご覧ください。

 

(2)技術サポート

iC-Haus社の技術サポート

iC Haus Logo 当社は日本でのBiSS使用製品を含むiC-Haus製品の技術サポートを委託されています。iC-Haus社は標準的iCやカスタム対応の特定用途向けiC等の半導体ソリューションを製造するドイツのメーカーです。1984年から、工業及び自動車産業や医療等の特定用途向けiCを設計、生産、販売している世界的な企業です。CMOSやバイポラーやBCD 技術のセルライブラリーを完備し、そこでセンサ・アクチュエータiC・レーザー光学iC・磁気式及び光学式エンコーダiC・ドライバiC等の設計が行われています。

BissLogo集積回路の組立は標準的プラスチック・パッケージ や弊社チップ・オン・ボード技術を利用し、完全なマイクロシステムやマルチチップモジュールやセンサ一体型光学BGAを製造しています。

 

(3)共同開発・受託開発

音声認識ロボットの共同開発

Haapie現在は命令に応じて動作するロボットの共同開発に取り組んでいます。
提携先であるHaapie社は、認知能力を有するソーシャル・ロボットを設計・開発するフランス企業です。会話の内容を理解し文脈に応じた返答可能な次世代型ロボットの開発実績があります。

測定器の受託開発

当社は高機能測定器の開発や研究の推進に貢献しています。開発実績としては、心電計、インシュリン自動注射器等の医療機器や振動測定器、実験用小型ヒーター等があり、国内外の企業や研究所からご用命頂いています。