BiSSTROMB4Uもしくは他のビスマスターとBiSSスレーブの間にBiSSTROを接続すると、交換信号の観察等が可能となりま。

 

特徴一覧

○ BiSSの各信号の観察が可能
○ RS232信号の観察も可能
○ ジャンパー1つでRS232 / BiSSの切り替えが可能
BiSSスレーブとマスターのピンアウトが合っていない場合、Output remap matrixの利用により
 1。    入力各ピンの出力ピンへの接続が任意的に設定可能
 2。    BiSSチェインのターミネータとして使用可能
    3。    マッピングでRS232ループバックが可能
    ※ 各接続は半田ジャンパーで実現可能
○ RS422用のロードレジスタ搭載(この接続も半田ジャンパーにより実現可能)
○ オシロスコープ用の金メッキ端子11本(DB9の全信号+グラウンド2本)付き

 回路図

BiSSTROSch